犯罪意欲を低減させよう|万が一に備えることが大切|家庭用防犯カメラで予防する
鍵

万が一に備えることが大切|家庭用防犯カメラで予防する

犯罪意欲を低減させよう

メンズ

万が一に備えましょう

商店街や繁華街では、防犯カメラを設置することで犯罪防止に役立っています。設置数も年々増加しており、実際に起こった犯罪の調査にも大きく貢献しています。防犯カメラは設置場所を工夫しないと死角が生まれ、肝心な場面を録画できていないケースもあります。自宅に防犯カメラを設置する場合には死角を考慮するのと同時に、犯罪が起こりそうな場所を綿密に考えておかなければなりません。防犯対策の一つに昔から玉砂利を敷き詰めて、人が通ると砂利を踏む音で犯罪意欲を低減させてきました。防犯カメラにも相手に犯罪を抑止させる効果があります。防犯カメラを眼の付くところに配置することで犯罪意欲を低下させつつ、万が一に備えておきましょう。

夜間対策をしましょう

空き巣被害は昼間だけでなく夜間にも発生します。犯罪者は明るいうちから侵入しやすい場所はないか事前に調査をするケースがあります。人目に付かずに入れそうな場所が自分の住まいにないか調べるのと共に、夜間対策をしておかなければなりません。防犯カメラには動く物体を認識するとライトが自動的に付くものがあります。また、赤外線により暗くてもしっかりと映像を映すことができる機種もあります。一台の防犯カメラでは確認する視野が広い場合には左右に首振りすることができる物もあります。監視目的によって使い分け、防犯、監視に役立てましょう。万が一侵入されたときに窓ガラスに割れにくくなるシートを貼ったり、鍵を複数取り付けるといった方法と並行して行うとより強化できます。