無線がおすすめです|万が一に備えることが大切|家庭用防犯カメラで予防する
鍵

万が一に備えることが大切|家庭用防犯カメラで予防する

無線がおすすめです

鍵

簡単に設置できます

防犯対策として防犯カメラを設置することは、非常に大きな効果があることはいうまでもありません。しかし、設置には電源の確保やレコーダーまでの通信設備も考えなければなりません。自宅の設計時に、そのような電源箇所や配線を宅内に通すような場所を確保してれば良いのですが、そうでない場合には大きな作業が必要となります。この作業を軽減できる商品として、無線の防犯カメラをおすすめします。電源の確保はしかたありませんが、レコーダーまでは配線無しでデータ―を送信することができるのです。これならば家に配線用の穴を開けなくても済みますので、簡単に防犯カメラを設置することができます。また、この無線の防犯カメラでしたら、複数台設置した場合にもレコーダー周りの配線が複数になりませんので、さらにおすすめすることができます。

慎重に設置すべきです

防犯カメラの設置には2つの大きなポイントがあります。まず1つ目が近隣住民への配慮です。防犯カメラの価格低下にともない、複数個の購入が以前よりも簡単になりました。そのため、複数個の防犯カメラの設置を考える人も少なくないはずです。しかし、撮影する場所が多くなればなるほど、近隣住民のプライバシーを侵害してしまう可能性もあるのです。その点には十分に注意するとともに、設置した旨を一声かけることも検討すべきです。2つ目は水に対する注意点です。最近の防犯カメラは、「防滴仕様」や「防雨仕様」のように、どの程度の水に耐えられるのかが細かく分かれています。単に屋外用と書いてあっても、雨ざらしは不可というようなこともあるのです。購入時にはその種別を確認し、さらに慎重に設置場所を決めなければなりません。